大粒サイズ 復調の兆し⁉︎

今年も当農園を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

この冬の最強寒波は、当農園にも少なからず影響を与えております…冬場はビニールハウス内には内張りのビニールを張ってハウス内を保温します。内張りがあると若干、採光量がカットされてしまうので、例年、この時期の厳寒期でも日中は採光のため内張りを開けてイチゴの株にしっかりと日光があたるようにします。しかし、このところの寒さと曇りがちな天候のため、このところ内張りを閉めたままで、ハウス内の保温を優先せざるを得ない状況です(>_<)

年明け以降、大粒サイズの収穫量が減少傾向になり、直売所での販売は小粒サイズが中心になってしまい、ご迷惑をお掛けしておりますm(_ _)m

しかし、僅かではありますが、復調の兆し?が見えてきています。下の写真は昨日の収穫間近の大粒サイズのものを撮ってみました。

少しずつではありますが、大粒の紅ほっぺが増えてきているように思います。こちらは先日の土曜日に販売した通販用3Lサイズおよび4Lサイズの写真です。

今の時期はイチゴも「なり疲れ」して、根から養分を吸収しにくい状況も考えられるため、先週は葉面散布も行いました。1月下旬頃〜2月にかけて大粒サイズが復活してもれることを願って摘果や古葉の整理などの作業も頑張っておりますp(^_^)q

1月は引き続き1日おきの偶数日のみ収穫および販売です。予めご了承ください。

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

次回のブログ更新もお楽しみに(^_−)−☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください