特大紅ほっぺ4Lサイズの購入は今がチャンス!

昨日12/8の収穫では、今シーズン初めてまとまった量の4Lサイズ紅ほっぺが採れました。お陰様でご贔屓にしていただいておりますお客様を中心にお買い求めいただき、早々に完売となりました。ありがとうございますm(_ _)m

4Lサイズ紅ほっぺは当農園直売所のオリジナル商品で、一般市場では扱われない特別な商品です。大きすぎて逆にイマイチなどとお思いの方がおられるかもしれませんが、全くの誤解!   甘み抜群で、口に頬張った時のジューシー感がなんとも言えない逸品で、一度食べるとやみつきになること間違いなしなのです(^_^)v

この4Lサイズ、今週から来週にかけて収穫のピークを迎えると思われます。そしてこの時期を逃すと、また少し先(おそらく生育が順調なら2月)まで待たなければなりません。

えっ、4Lサイズもシーズン中ずっとコンスタントに採れないの?、と思われているかもしれません。少しイチゴについてご説明いたします。

イチゴの花芽が出てきて次第に生育していくと枝のように広がってその先に花が咲いているような状態になります。1つの花の枝には沢山の花がついていて、これを全部咲かせて実らせて極小の果実を収穫しても意味がありません。それどころか次の花芽が上がってこなくなり、シーズンを通してコンスタントな収穫が出来なくなります。だから、「摘果」を行います。

上の写真が、摘果して生育している状態です。中央の真っ赤になってきている果実は、「頂果」と言われる最初に咲いた花が実ってきたものです。イチゴの株の樹勢などにもよりますが、一般的に頂果は大粒になる傾向で、勢いがよければ4Lサイズとして実ります♪   上の写真の頂果の周りの果実もこの後次第に色付いてきます。が、粒の大きさは少しずつ小さいものにしかなりません。イチゴは1つの花の枝の中で「最初は大粒が採れ、次第に小粒になる」ということになります。花芽は何度も上がりますので、基本的にこれを繰り返します。ただ、春先は頂果も粒の大きさが少し小さめになりやすいです。

長い説明になりましたが、特大サイズ4L紅ほっぺは冬場の頂果でないと採れない、すなわち、「期間限定品」なのです!   そして、今まさに、一番花の頂果が収穫を迎えようとしており、今週末からが「4Lサイズ紅ほっぺ」の買い時!なのです♪

さぁ、他では味わえない当店だけのオリジナル特大紅ほっぺを是非ご賞味ください(^_−)−☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です