育苗も大詰めです♪

9月になりました。ブログ更新も1ヶ月以上間隔が空いてしまい、申し訳ござませんm(_ _)m

今年の8月は本当〜に暑い毎日でしたねー(;^_^A    その暑さにも負けず、子苗の育苗に毎日勤しんでおりました。8月からは子苗を親株から切り離して、平棚にならべて育苗しております。 

 
新葉は約一週間に1枚程度上がってきます。だから放っておくとどんどん葉が増えて茂ってしまい、新しく上がってくる新葉に日光が当たらなくなってしまいます。そうすると、日当たりの悪い新葉は光を求めて異常に伸びて、ひょろひょろと徒長した貧弱な苗になってしまいます。また、葉が茂って混み合うと、ハダニなどの病害虫が発生しやすくなります。だから、子苗を並べて育苗している期間は、子苗の葉数を常に2〜3枚程度にキープしていきます。当農園では、予備苗も含めて8000程度の子苗を育苗しているので、ひと通り葉かきを終える頃には、最初の頃に葉かきした子苗は新たに新葉が展開しており、茂り始めてしまいます(^_^;)    「イチゴ栽培は夏の時期はお休み」と思われがちですが、休みなく作業があります。このような地道な作業が、甘くて美味しいイチゴの収穫につながります!

さて、9月に入り、日中は暑いとはいえ、少しずつ秋めいてまいりました。イチゴは、①日が短くなる   ②夜間の気温が下がる   ③株苗の窒素成分量減少   の3条件が揃うと「花芽分化」が進んできます。すなわち、茎や葉などの株の成長から花芽(果実)の成長へ移行していきます。花芽分化が進んできたら、子苗を育苗ハウスから本舗に定植します。

ところで今シーズンは広島カープが絶好調で、(私もファンの1人ですが)ファン待望の25年ぶりのリーグ優勝まで今まさにカウントダウン状態です♪   当農園の紅ほっぺの花芽分化もカウントダウンに入ってきておりそうです(^_−)−☆

実りの時期はもう少し先ですが、いよいよイチゴのシーズンになります。カープ同様、今シーズンも「真っ赤」な甘くて美味しい紅ほっぺが実るよう頑張らないとp(^_^)q

   
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください