親株の育苗も順調です♪

今年も1ヶ月前から来シーズン用の親株の育苗がひっそりと始まっておりました。

本圃に定植して果実を採るイチゴの株は、親株からランナーを伸ばして子苗をとり、それ育苗して9月に定植します。

3月中旬に昨年の余った子苗を親株用に大切に育てたものを育苗ハウスに親株として定植していました。

3月末には、購入した「フラグ苗」を親株として定植していました。

定植して間もない頃のプラグ苗の写真ですが、この頃はまだまだ小さかったですが…


随分と大きく成長しています♪

しかし、自前で育てた親株と比べると…


まだまだ小さいですが。上の写真の右側がプラグ苗、左側が自前の親株です。あと1ヶ月後には、右側のプラグ苗も立派な親株に成長します。

その年の収穫量の良し悪しは育苗で決まると言っても過言ではありません。親株の育苗はその第一歩!   です。

まだまだ収穫シーズンが続き、忙しい日々ですが、来シーズンに向けて頑張る季節が始まりました p(^_^)q



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です