親株の手入れをしました♪

この時期のランナーや花芽は除去するという話を、以前のフェイスブックでの投稿で報告しましたが、あれから1週間も経たないうちに新たにたくさんのランナーや花芽が出てきています(1枚目の写真)。すくすくと順調に成育している証しです!しかし、今は親株のクラウン(茎の根茎部分のこと)をはじめとして株自体をしっかりと大きく成長させることが大切ですから、ランナーや花芽の成育は後回しです。
ところで、以前の投稿で、「ランナーを繁殖させて子苗を取る」と記述しましたが、ご存知ない方は具体的にイメージできないと思うので、少し具体的に説明いたしますね。1枚目の写真の親株からランナーが伸びていますが、その先に小さな葉が付いています。この葉が次第に伸びて大きくなっていき、1つの子株に成育していきます。しばらくすると、子株からさらにランナーが伸びていき、次の子株ができます。この繰り返しで、子株を繁殖させていきます。1番目の子株を太郎株、2番目の子株を次郎株、3番目は三郎株と言います。このようにして、216株の親株から7000〜8000株の子苗を取り、9月頃に本圃に定植します。
しかし、今日は暖かい、というより、暑い一日でしたね。育苗ハウス(2枚目、3枚目の写真)の中は特に暑い!でも、これからも頑張って手入れをしないとねp(^_^)q

20140417-231826.jpg

20140417-232550.jpg

20140417-232617.jpg


親株を追加しました♪

以前のフェイスブックにも投稿しましたが、昨年の子苗を来シーズンの親株用に育ててきたものを、1ヶ月前に育苗ハウスに定植しました。実は、まだ残り20株ほど予備の株として引き続き黒ポットで育てていました(1枚目の写真)。
親株はナイアガラ棚にプランターを置き、プランターに定植しています。実は、あとプランター4つ分、即ち、8株分の空きスペースがあるのを、そのまま使わずいました。
親株もスペースも余っているので、もったいないと思い、定植することにしました。まずプランターに培土を入れ、十分に水をやり、黒ポットの親株を黒ポットから取り出してプランターに定植します(2枚目の写真)。これをナイアガラ棚にセットして(3枚目の写真)、完了です♪
1ヶ月前に定植した隣の親株は大きくなっていますが、今日まで肥料なしで黒ポットで過ごしてきた親株は小さいですね…。頑張って成育して追いついてもらいたいです!
我が農園の216株の親株たち、病害虫にやられることなく、すくすく育って、たくさんのランナーから子苗が採れるよう、頑張ってもらいたいですものです(^_^)

20140416-235714.jpg

20140416-235753.jpg

20140416-235834.jpg


休業日のお知らせ

4/18(金)、19(土)の2日間を休業いたします。

なお、前日に収穫した在庫がある場合には、4/18の午後のみ販売することが可能です。

宜しくお願いいたします。


ホームページ公開しました

井原市のいちご農園 「苺工房 sweet berry」のホームページができました。

イチゴの栽培状況や、商品のお知らせなど、随時更新していきますので
チェックしてみてください。

facebookページでも更新しています。
https://www.facebook.com/pages/%E8%8B%BA%E5%B7%A5%E6%88%BF-sweet-berry/538772686243169
こちらも是非「いいね」よろしくお願いします^^