井原中学校の1年生が見学に来てくれました♪

昨日9/25、井原中学校の1年生5名が「郷土学習」で当農園を見学に来てくれました。

井原中学校の1学年では「総合的な学習の時間」に「郷土学習」を行っておられるようです。井原市の文化・産業・歴史の中から班ごとに課題を見つけて研究することで、“郷土井原”をより一層理解し、郷土愛を高める態度を養うことを目標とされているとのことです。

私自身も井原で生まれ育ち、中学校は井原中学校に通っていたこともあり、当農園が井原中の後輩達の学習活動に一役買えるなら、と思い、受け入れのオファーを快諾し、当日を迎えました。

 

 5人の生徒さんから、「イチゴの品種や収穫期間」「収穫量や販売先」「イチゴの栽培方法や気をつけていること」などについて質問を受けました。できるだけ分かりやすく答えたつもりですが、ちゃんと伝わったかな…σ(^_^;)

 

本圃の中の設備や栽培システムの仕組みも見学してもらいました♪      

本圃はちょうど1週間前に定植したばかりの子苗がずらりと並んでいますが、今の時期は、イチゴの果実どころか、花すら咲いていない状態なので、中学生の皆さんには少し見応えがなかったかもしれないのが残念です(>_<)  
 それでも、私の拙い説明を熱心に頷きながら聞いてくれて、しっかりとメモも取ってくれていました。

学校の文化祭でも発表会があるそうです。いい発表ができるよう頑張ってくださいね。

当農園も、今まで以上に甘くて美味しい上質なイチゴを栽培し皆様にご提供させていただけるよう、今後もより一層精進したいと思います。そして、イチゴ栽培が井原の産業として確立されることに当農園も貢献できればと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください