子苗の葉かき♪

子苗のランナーから切り離し作業が完了して1週間が経過しました。

IMG_1102.JPG
上の写真のエリアは切り離してからすでに10日〜2週間が経過し、随分、葉が混み合ってきました。
通常、イチゴは、1週間に1枚の新葉が上がってきますが、ロックウール栽培の場合、水分や養分の吸収が良いため、もう少し短いサイクルで新葉が上がってきます。このまま放置しておくと、ますます葉が繁り、混み合うため、葉に日光が当たりにくくなります。このため、子苗は徒長(茎葉が伸びすぎること)してしまいます。また、葉が繁り過ぎると、薬剤散布の時にも薬剤がかかりにくくなり、病害虫が広がる原因にもなります。さらに、ランナー伸びてきている子苗もありますね。もちろん、この時期、ランナーは不要ですから、除去します。
9月に定植するとき、子苗は背丈がコンパクトで、クラウン(株の根茎部分)が太くしっかりしたものが理想的です。子苗は葉かきを繰り返すことで、クラウンが大きく成長します。すなわち、この時期に葉かきは必要不可欠です。

IMG_1108.JPG
ランナー切り離し時点では子苗の葉を3〜4枚にして置きましたが、この子苗は葉が6枚になっていますね。

IMG_1113.JPG
外側の葉から順にかいていき、葉を3〜4枚にしていきます♪
この作業を繰り返していきます。約7900株すべての葉かきをするには10日〜2週間はかかります(@_@) 一通り終わった頃には、最初に葉かきをした子苗の葉が繁ってくるので、再び葉かきをしなければなりません… (~_~;) 9月の本圃に定植するまで、しんどいですが、定期的に葉かきを行い続けます。

IMG_1114.JPG
上の写真の右側が葉かきをしたエリア、左側がまだ葉かきをしていないエリアです。写真では少し分かりにくいかもしれませんが、葉かきをすると、随分、風通しも良くなり、生育環境も良くなりました♪

さあ、暑さに負けずに毎日葉かきを頑張るぞ p(^_^)q



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください