苗取り、順調に進んでいます♪

苗取りを開始して今日で7日目です。当農園の育苗ハウスの親株のナイアガラ棚は4列あります。今日の午前中の苗取り作業が終わった段階で、2列分の子苗の苗取りが一通り終わりました。「一通り」と言ったのは、4列全部を一通り苗取りした後で、新たに苗取りできる子苗が現れてくるので、一通り終わった後に取れる子苗を探して苗取りしていきます。

20140622-213023-77423528.jpg例えば、上の写真ですと、右側の子苗(多分、次郎苗だと思います)から小さなランナーが伸び始めていますね。このランナーが伸びて、ランナーの先から小さな葉が出てきて、次の子苗(三郎苗)になります。これを苗取りすることができるのです。

ところで、前回のブログでもお伝えしましたが、子苗を乱雑に取っていくと、後々の管理が大変になります。親株から太郎苗までのランナーの長さや子苗と子苗の間のランナーの長さは、当然、個体差があり、異なりますから、苗取りしてナイアガラネットのどの位置に吊るすかを考えながら整頓しないと上手くいきません。また、太郎苗から次郎苗、次郎苗から三郎苗に伸びたランナーが前面に出てしまうと水やりのなどの後々の管理の際に邪魔になるので、ランナーは黒いポリポットの後ろ側を潜らせて苗取りします。具体的な方法はここでは伏せておきたいと思います (^_-)
苗取りも簡単そうに見えますが、色々な工夫や技が必要で大変で、物凄く根気のいる作業なんです。こんな苦労の結晶で実ったイチゴが店頭に並んでいることを知っていただいていると、生産者としてもちょっとだけ嬉しく思います。

今日の作業終了時点で、約3500株の子苗を取ることができました!
下の写真は今日までに苗取りした部分のものです。
ここまで来るのは長い道のりでした (@_@)

20140622-221646-80206988.jpg

20140622-221647-80207112.jpg

さあ、あと残り半分も頑張るぞ〜 p(^_^)q



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください